ポケモンサン・ムーン孵化乱数講座(1) 現在のseedの特定 - リーリエでもできるポケモンサン・ムーン乱数調整

記事一覧

ポケモンサン・ムーン孵化乱数講座(1) 現在のseedの特定

  • トップ記事>ポケモンサンムーン孵化乱数講座(1)

    はじめに

    このブログは仕組みはともかく乱数調整をしたい人向けのブログです。
    このブログを読めばサンムーンから始めた初心者でも簡単に乱数調整ができるようになります。

    プログラムなんて触れたこともない、ましてや算数すらまともに解けない私も簡単に成功しました。


    今回は孵化乱数調整の基本からスタートし、最終的には色孵化乱数を成功させることを目標として解説していきます。

    手順どおりに行えば必ずできるのでお付き合いよろしくお願いします。


    乱数調整の準備


    ・性格が異なるコイキングの(色乱数までしたいなら国際孵化にした方が良い)
    ・変わらずの石2つ(上記のコイキング2体に持たせる)
    ・孵化用に炎の体のポケモン(8番道路でヒノヤコマがゲット可)

    ◯使用するツール
    孵化乱数列検索ツール(WEB版)(さき 様)
    http://blog.livedoor.jp/x_x_saki_x_x/RNG/SMBreeding.html

    孵化乱数ツール(くあん 様)
    http://quan.hateblo.jp/entry/2016/12/19/213018

    ※孵化乱数ツール(仮)はzipファイルという形式で圧縮されています。
    DLしたファイルを解凍して使いましょう。
    7-Zip(ファイルを解凍するためのソフト)
    https://sevenzip.osdn.jp/




    現在のseedの特定


    1.準備したコイキングの2匹両方に変わらずの石を持たせる。

    2.コイキング♂とコイキング♀の性格をどちらがどの性格か確認し、預かり屋に預ける。

    3.外に出てタマゴができるまで走る。

    4.お姉さんの前でレポートを書く。

    5.タマゴを受け取り、受け取ったタマゴを孵化する。

    6.生まれたコイキングの性格を確認し、預けたコイキング♂の性格だったら「0」を、コイキング♀の性格だったら「1」をメモ帳に記録する。

    例:陽気コイキング♂ときまぐれコイキング♀を預けており、陽気が生まれたら「0」、きまぐれが生まれたら「1」とメモ
    ※ここを間違えるとこの先へ進めなくなってしまうのでメモは間違いのないようにすること。
    画像のように性格と数字の両方をメモすれば数字が間違えていても性格を見直して再び数字を出せるので安心、正直Excel使った方が楽だがここらへんは自分のやりやすいように。


    性格メモ

    7.生まれたコイキングの性格を確認しメモしたら、「L+R+START」を同時押ししてソフトリセット。
    ※レポートは書きません。性格確認した画面でリセットしましょう。

    8.ゲームを始めた後、お姉さんに話しかけ、タマゴの受け取りを拒否する。

    9.タマゴができるまで走り、できたらお姉さんの前でレポートを書く。

    10.タマゴを受け取り、受け取ったタマゴを孵化する。

    11.6と同様に生まれたコイキングの性格を確認し、メモする。

    12.「L+R+START」を同時押ししてソフトリセット。

    13.手順の8~12をあと126回繰り返し、合計で127個0と1をメモした状態にする。(1回は手順6でメモしているので126回)
    最後のコイキング(合計127匹目)を孵化した後はリセットしないこと!後にこのポケモンを使います!

    14.127個の1と0の羅列を孵化乱数列検索ツール(WEB版)に入力し、検索を押す。


    孵化乱数列検索ツール(WEB版)
    http://blog.livedoor.jp/x_x_saki_x_x/RNG/SMBreeding.html


    15.検索結果がちゃんと出るか確認。
    ツール結果


    16.孵化乱数ツールを起動する。4つに分けられている検索結果を左からコピペし、ツールの検索範囲の部分に画像のように上から順に入力していく。
    1.jpg

    孵化乱数ツール
    http://quan.hateblo.jp/entry/2016/12/19/213018


    17.情報を入力し、seedのリストを出力する。
    ・親の情報で両方の持ち物を変わらずにする。(個体値はどうでもいい、他もいじらなくてOK)
    ・目標個体で「絞り込み無効」にチェックを入れる。
    ・検索範囲の消費数の部分を120~125に変更
    ・その他の国際孵化・光るお守りの部分は自分の状況に合わせてチェック
    現在のseedを求める作業なのでそれ以外はいじらないようにお願いします。


    18.「計算」を押すと結果が出力される。この結果から最後に産んだコイキングの個体値を調べ、どの消費数のコイキングであるかを探す。
    出力されたリストの個体値の黒い数字の部分の個体値を産まれたコイキングの個体値を見比べ、一致している消費数がどこかを確認する。
    修正2 【探し方】
    私が最後に産んだコイキングは♂でH4 A23 B14 C30 D10 S13
    リストで124消費の個体値の黒い部分を見るとH4 D10 S13なので一致している。これでseed特定終了。
    何故黒い部分なのかというと、赤と青の部分は親からの遺伝箇所なので、親の個体値を確定させてない場合は遺伝箇所を見ないで特定できるからである。
    以上、私の現在のseedは消費数124の「596FB8B7,CA9CB9C2,33425AF1,8F767815」であると特定することができました。



    これで現在のseedを特定する作業は終わりです。

    このseedをメモっておけば今後適当に孵化したりしても、産まれた個体の情報を入力して逆算すれば現在のseedを探すことができます。※Q&A記事のサブロムあった方がいいの?を参照。

    孵化乱数ツールのフォルダ内にあるconfig.txtにseedを入れておくと起動時に勝手にseedが入力されるので推奨です。

    時間がかかるのはコイキングを127回孵化する部分だけですが、この作業は一度してしまえば二度とする必要がなくなるので頑張りましょう。

    次はいよいよ実際に乱数調整で目的のポケモンを作って行きます。



    次記事
    ポケモンサン・ムーン孵化乱数講座(2) 乱数調整の実践